DCMX GOLDカードは、ポイント還元率10%を誇る最強のクレジットカード

スポンサーリンク

dcmx goldカード

ドコモユーザーのみが入会できる、DCMX には年会費が実質無料のDCMX と、年会費が10,800円(税込)のDCMX GOLD の2種類があります。

私も初めは、年会費が1万円と聞いて「高っ!!」と思いましたが、カードの利用方法によっては、ポイント分で年会費が相殺されるケースや、DCMX GOLD の会員特典内容が、以外に良かったので、DCMX GOLD に入会することにしました。

今回は、DCMX とDCMX GOLDの違い、DCMX GOLDのメリット、DCMX GOLD の年会費をポイントで相殺できるケースと相殺できないケース、DCMX GOLDに入会する上での注意点などを紹介し、年会費が必要なDCMX GOLDの方がなぜ、おすすめなのかを、できるだけ分かりやすく説明したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DCMX とDCMX GOLDの違いについて

主な違いについては、下記の通りとなります。

DCMX DCMX GOLD
年会費 初年度無料
次年度も実質無料
10,800円
(税込)
家族カード 無料 1枚目無料
2枚目以降1,080円(税込)
ETCカード 実質無料 永年無料
携帯料金のポイント還元率 0.5% 10%
ローソンの買い物が3%オフ
ドコモプレミアムクラブご優待
ゴールドステージご優待
ケータイ購入ご優待券プレゼント
DCMXケータイ補償 最大1万円迄 最大10万円迄
DCMXゴールドデスク
海外旅行保険 最大1億円
海外航空便遅延費用特約、家族特約
国内旅行保険 最大5,000万円
国内航空便遅延費用特約
お買物あんしん保険 年間100万円迄 年間300万円迄
ラウンジ(空港・その他)
USJ ドコモラウンジ
VJデスク(旅のサポート)
海外レンタカー
海外緊急サービス ○(無料)

まず、一番目につく大きな違いは、年会費が無料なのと1万円かかる点だと思います。

一見、年会費が1万円と聞くと「高っ!」と思うかもしれませんが、人によっては月々の携帯料金の支払いで付与されるポイントで、年会費分以上のポイントを獲得することができるので、年会費は実質ポイントで相殺されることになります。

dcmx goldキャンペーン

また、大抵は入会キャンペーンで、年会費分相当以上のポイントであったり、クーポンがもらえたりするので、年会費1万円というのは、さほど敷居は高く感じません。

DCMX GOLDのポイント還元率は脅威の10%!!

年会費以上に違いがあるのが、携帯料金の支払いで付与されるポイントです。

DCMX は通常付与されるポイントと合わせて1,000円につき10ポイントなのに対し、DCMX GOLD は1,000円につき100ポイントと、脅威の還元率10%を誇るのです。

ポイント還元率が高いクレジットカードは色々とありますが、さすがに10% 還元されるカードはDCMX GOLD だけだと思います。

従って、月々の携帯料金が9,000円以上であれば、9,000円 x12ヶ月=10,800円となり、携帯料金の支払いで付与されるポイントで、年会費を相殺することができるのです。

しかし、毎月の携帯料金で9,000円も支払っていないから損をする、と思った方も多いかと思いますが、色々工夫することで毎月9,000円以上をポイント対象にすることができるので、ここで諦めないで最後までご覧になってください。

携帯購入時に使える、優待券も付いてくる

DCMX GOLD だけの特典として、携帯電話を購入する時に使える優待券(割引券)が、初年度は5,000円分、2年目以降はカードの利用金額に応じて、最大20,000円分がプレゼントされます。

ポイントの対象は1回線のみ

ポイント10%の対象となるのは、1回線のみとなります。

昨今は、複数回線を持っている方も多いですが、1回線のみが対象です。

また、夫婦揃ってドコモを使っていて、請求を夫婦で合算している場合も、10%の対象となるのは、主回線のみです。

夫婦で10%の対象にするには、後ほど説明します家族カードを作るようにしましょう。

ドコモ光の請求額も還元率10%の対象

2015年3月から開始された、ドコモの光コラボサービスである、ドコモ光の毎月の通信費用もポイント10%の対象となります。

ドコモ光の毎月の通信費は、5,200円からなので、仮に携帯料金が毎月6,000円だとすると、合算して10,000円以上となるので、年間にすれば12,000円相当がポイントで還元されることになります。

そうすれば、年会費は相殺できますね!

DCMX GOLDの年会費がポイントで相殺できるケース

それでは、DCMX GOLD の年会費10,800円が、ポイントで相殺できるケースを考えてみたいと思います。

シェアパックの親回線なら問題なし

シェアパックなら、最も安いプランでも9,500円なので、それにカケホーダイを合わせると、12,000円以上がポイント10%の対象となるので、年会費はポイント相殺できます。

家族の場合は、家族カードで請求額を合算しよう

また、家族の場合は、家族カードを作ってそれぞれのカードで支払うようにしましょう。

例えば、夫がDCMX GOLDで奥さんが家族カードで支払ったとしても、家族カードで支払った料金は、夫のDCMX GOLDカードに合算請求され、ポイントの10%付与されます。

年会費がポイントで相殺できないケースとは?

逆に、年会費がポイントで相殺できないケースと対策について考えてみたいと思います。

単身世帯で、パケットパックがデータパックの場合は、毎月の支払いが9,000円を下回るケースがあるので、相殺できない場合が考えられます。

データLパックであれば、何とか9,000円を上回れるかもしれませんが、それほどパケットを使わない方には得策ではありません。

月々サポートの割引額分はポイント対象外

DCMX GOLD でポイントを貯める上で、一番の癌は「月々サポートの割賦分はポイント対象外」になるという事です。

大抵の方は、端末購入時に割賦販売で購入されていると思います。

月々、2,000円から3,000円ほどが、月々サポートという形で、割引され実質0円に近い価格になる仕組みですが、月々サポートで差し引かれた分は、ポイント対象外になるのです。

端末代金を含めて毎月約8,000円で、月々サポートが適用されて5,000円になったとすると、ポイント対象になるのは、月々サポート適用後の5,000円となります。

くれぐれも、勘違いしないように事前に確認しておきましょう!

自宅のネット回線をドコモ光にする手もある

単身世帯の方は、自宅にインターネット回線があれば、ドコモ光にする手があります。

先ほども説明しましたが、ドコモ光の支払いもポイント10%の対象となるので、毎月の携帯料金とインターネット代を合わせれば、毎月9,000円をクリアし易くなると思います。

なので、ドコモユーザーは絶対にドコモ光がおすすめです!

DCMX GOLD の勘違いしやすいポイント

DCMX GOLD の特典内容には、少し勘違いしやすい点があります。

DCMXケータイ補償は、紛失・盗難か修理不能でないと補償してもらえない

DCMX GOLD のWEBサイトには次の様に書かれています。

DCMXでご利用中の携帯電話端末が、ご購入から1年以内(DCMX GOLD会員は3年以内)に偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップでDCMXにてご購入いただいた場合に、ご購入費用の一部をサポートするサービスです。

つまりは、修理が可能と判断されると、保証の対象外にされてしまうのです。

例えば、ディスプレイは割れたが、電源は入っていて通話もできるような状態であれば、修理可能と判断される可能性が高いでしょう。

その点、従来のケータイ補償サービスであれば、一定額を支払えば修理も補償してくれるので、安心と言えば安心ですね。

USJ のドコモラウンジは抽選制

以前までは、ドコモのプレミアムステージ会員であれば、docomoプレミアムクラブの国内クーポンから、スペースファンタジーザライドに優先乗車できるドコモラウンジのクーポンを入手することができましたが、2014年4月からは、抽選制に変更となりました。

リクルートカードプラスと併用すると、ドコモポイントとPonta がより貯まりやすくなる

携帯電話を持つ女性

リクルートカードプラスと言えば、業界屈指のポイント還元率(2%)を誇るクレジットカードで有名ですが、リクルートカードプラスで貯まるリクルートポイントはPonta に等価で交換することができます。

また、Ponta とドコモポイントは2015年12月から交換サービスがスタートしますので、リクルートカードプラスで貯まったポイントが、Ponta を経由してドコモポイントに交換することができますし、リクルートカードプラスとDCMX GOLD で貯まったポイントを、それぞれPonta に集約することも可能になります。

携帯料金と通信費(ドコモ光)はDCMX GOLD で支払い、それ以外の公共料金や、通常の支払いはリクルートカードプラスで支払うことで、より多くのポイントを獲得することができます。

→《リクルートカードプラスの申し込み》

まとめ

年会費が10,800円といえども、携帯料金の支払いで10%のポイントが付与されるのは、大きな魅力と言えます。

毎月の携帯料金が9,000円を超える方や、ドコモ光と携帯料金を合算すれば9,000円を超える場合は、毎月の支払いで付与されるポイント分で、年会費を相殺することができます。

その他にも、ケータイ補償や携帯電話の購入時に使える優待券、海外旅行保険、お買物保険、空港ラウンジの利用など、さまざまな特典が付いているので、ドコモユーザーの方には、是非おすすめのクレジットカードと言えると思います。

→《DCMX GOLD の申し込み》

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存