【7つのサイトを運営】アドセンス審査に合格するための条件とは?

スポンサーリンク

google-adsense

Google AdSense(アドセンス)を利用するには、Google の審査を通過する必要があります。

昔は簡単に利用できていましたが、近年は簡単には通過できなくなってきています。

私は2015年以降、自分のサイトを6つ、嫁が管理するサイト1つの計7つのサイトをアドセンスの審査に通してきました。

アドセンスの審査基準は公表されていませんが、これまでの経験上審査に通るために気を付けておくポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

審査の基準は年々厳しくなっている

私が初めてアドセンスの審査に通ったのは、2015年の始めでした。

それから2017年の間に、自分のサイトを4つと嫁が管理するサイト1つの計5つのサイトを全て1発で通過させました。

というのも、昔はGoogle に申し込みすれば、誰でも通過するんじゃないかという位に、審査は甘々でした。

しかし、2018年に新たに申請したサイトは、審査に落ちました。

この時初めてアドセンスの審査で通らない事がある事をしりました。

審査に通らなかった原因

Google からは、審査に落ちた理由は公表されていなかったので真意は分かりませんが、恐らく以下のいずれか、もしくは全てだと考えております。

  • ページ数が10記事程度と少なかった
  • 1記事あたりの平均文字数が1,000文字以下と少なかった
  • アフィリエイトタグが埋め込まれていた
  • プライバシーポリシーのページがなかった
  • 問い合わせ先を公表していなかった

ページ数や1記事あたりの平均文字数は多いに越したことはないですが、多くの人に共感してもらえるような内容であれば、それほど重要ではないと思います。

恐らく一番の原因は、アフィリエイトタグがガッツリ埋め込まれていた事ではないかと推測しています。

審査を通過するために注意するポイント

原因として先ほど挙げた点を注意する必要があると思います。

  • ページ数は、最低25記事以上は欲しい
  • 1記事あたりの平均文字数は、2,000文字以上を目標とする
  • Amazonアソシエイツやその他アフィリエイトのタグは一切埋め込まない
  • プライバシーポリシーのページを設ける
  • 問い合わせ先を公表する

ブログを開設して、いきなりAmazonアソシエイツやアフィリエイトタグを埋め込んで収益を目指す人がいますが、アドセンスの審査を通したいのであれば、審査が通過するまでの間は、アフィリエイトタグは一切埋め込まないようにした方が良いです。

あと、プライバシーポリシーのページも設けましょう。

プライバシーポリシーは、以下のサイトを自分のブログ用に編集してお使いください。

https://cardio-exercise-diet.com/privacy-policy/

問い合わせ先については、メールアドレスを公表すると、スパムメールが届きまくるので、WordPress をお使いの場合は、contact-form プラグインをインストールして、専用の問い合わせフォームを設けましょう。

あと、PV数がある程度必要、と言ってる人を見かけますが、PV数は全く関係ないと思います。

なぜなら、直近でアドセンスに一発通過したサイトは、記事数など先ほど挙げた項目を全てクリアしてましたが、PV数は 20PV/月 以下だったからです。

一月で20PV以下なので、ほとんどアクセスがない状態だったにも関わらず一発で通過したので、PV数は関係ないと考えています。

まとめ:アフィリエイトは、アドセンスの審査に通過してから始めること

記事数や文字数に関しては、多ければ良いわけではありませんが、ある程度の記事数と文字数は意識しましょう。

アフィリエイトの収益化は、まずはアドセンスの審査を通過させてから取り掛かるようにしましょう。

アドセンスの審査を通過させるまでの間は、とにかく良質な記事を書く事だけに集中し、確実にアドセンスの審査を通過させるようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存