【リップルもトロンも対応】ハードウェアウォレット、Ledger nano S の使い方

スポンサーリンク

Ledger Nano S

この所、仮想通貨に関して、悪いニュースが続いていますね。

2017年末の暴落に始まり、2018年早々には中国や韓国の規制による更なる暴落、そして1月26日に発覚したコインチェックのXEM(ネム)の流出事件。

幸い私は、コインチェックで取引を行っていなかったので、直接的な被害は受けませんでしたが、コインチェックに通貨を預けておられる方は、取引が停止になるなど、金銭面だけでなく、精神的にもかなりの損害を受けられたと思います。

今回の騒動を受けて、注文が殺到していると言われているのが、ハードウェアウォレットです。

私も早速、Ledger社のLedger nano S を購入し、使用してみましたので、使い方や特徴についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハードウェアウォレットは自宅の金庫と同じ原理

一般的に仮想通貨は取引所を介して取引を行うので、取引所のウォレットに保管している人が多いと思います。

取引所のウォレットは、オンライン上で保管される「ホットウォレット」と、オフラインで管理される「コールドウォレット」に分けられ、当然ホットウォレットの方が、セキュリティリスクが高まります。

通常、取引所の多くは、コールドウォレットで管理されているようですが、過去最大の仮想通貨流出事件を引き起こした、コインチェックに関しては、ホットウォレットで保管されていたようです。

ちなみに、私が口座を持っているビットバンクについては、顧客の資産は全てコールドウォレットで管理されているようです。

対してハードウェアウォレットは、専用デバイスを使って、手元で保管することになります。

なので、取引所に保管するよりも安全性は高くなります。

また、ハードウェアウォレットは安全性以外にも、例えば今回のコインチェックの様に、直接XEMの被害に合っていなくても、取引所自体が入出金停止になってしまうと、その間は仮想通貨の取引が全くできなくなってしまいますが、ハードウェアウォレットに保管していれば、その様なトラブルにも回避する事ができます。

お金で例えると、

オンラインバンク = 取引所のウォレット

自宅の金庫 = ハードウェアウォレット

こんな感じだと思います。

Ledger nano S を選んだ理由

まず、Ledger nano S を購入する時点での、私が所有している仮想通貨は、下記の通りとなります。

  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • トロン(TRX)

そして、代表的なハードウェアウォレットとして、以下の様な物があります。

  • Ledger Nano S(レジャーナノS)
  • TREZOR(トレザー)
  • Keepkey(キープキー)

この3つの中で、唯一リップルに対応していたのが、Ledger nano S でした。

しかも、トロンにも対応しているようなので、Ledger nano S 一択になったという訳です。

アルトコインなど、対応する仮想通貨の数は26種類以上

Ledger Wallet 対応通貨一覧1

Ledger nano S の対応アプリ「Ledger Wallet Bitcoin」「Ledger Wallet Ethereum」「Ledger Wallet Ripple」をインストールする事で、26種類以上※の仮想通貨に対応します。

※Firmewareバージョン 1.3.1

  • Bitcoin(BTC)
  • Bitcoin Cash(BCH)
  • Dash(DASH)
  • Dogecoin(DOGE)
  • Ethereum(ETH)
  • Komodo(KMD)
  • Litecoin(LTC)
  • Stratis(STRAT)
  • Zcash(ZEC)
  • Hello
  • Ripple(XRP)
  • PoSW(POSW)
  • Ark(ARK)
  • Ubiq(UBQ)
  • Expanse(EXP)
  • PIVX(PIVX)
  • Steaithcoin
  • Viacoin(VIA)
  • Neo(NEO)
  • Bitcoin Gold
  • Stellar(XLM)
  • Digibyte(DGB)
  • HCash(HSR)
  • Qtum(QTUM)
  • Vertcoin(VTC)
  • Tron(TRX)対応確認済み

更に、後ほど紹介する「MyEtherWallet」を使えば、MyEtherWallet に対応したアルトコインの全てかまでは確認が取れていませんが、少なくともトロン(TRX)は使える事が確認できているので、その他の通貨も対応している物はあると思います。

必ず正規代理店で購入する事

正規代理店以外のお店で購入したハードウェアウォレットに、ウイルスが仕込まれていて、通貨を全て引き抜かれたという人もいるみたいなので、ハードウェアウォレットの購入は、直接海外の直営店か、正規代理店で購入するようにしましょう。

ちなみに、私が購入したのは、Ledger nano S の正規販売代理店である、「株式会社EARTH SHIP」というショップです。

それで、実際に届いたLedger nano S がこれです。

Ledger Nano S の外箱

フィルムに包まれて、何となくiPhone を意識したような外箱になっています。

Ledger Nano S の中身

Ledger nano S 自体は、USBメモリサイズなのですが、高級感を演出していますね。

Ledger Nano S の同梱物

Ledger nano S の同梱物です。

Ledger Nano S のリカバリーシート

当然、リカバリーシート(右端)も同梱されているので、初期設定の際に控える24個の英単語は、このシートにメモを取る事になります。

正規代理店だけあって、「株式会社EARTH SHIP」は信用できるお店だと思います。

ちなみに、「株式会社EARTH SHIP」はアマゾンでも出品しています。

Ledger nano s - EarthShip

アマゾンで購入する場合は、以下の「株式会社EARTH SHIP」が出品している、Ledger nano S を購入しましょう。

Ledger nano S の設定方法

Ledger nano S の設定方法に関しては、株式会社EARTH SHIPのホームページに手順が掲載されています。

下記のURLで確認してください。

リップル(Ripple)と、ビットコインキャッシュは、別途設定が必要

初期設定が終わった段階では、Ledger nano S には、ビットコイン、イーサリアム、Fido U2Fのみしかインストールされていないので、ビットコインキャッシュとリップルが必要な場合は、別途インストールする必要があります。

下記のURL にアクセスし、4つのアプリをインストールしてください。

「Ledger Wallet Ripple」以外は、Chrome の拡張アプリとなるので、事前にChrome もインストールしておきましょう。

Ledger Nano S 初期設定

全てインストールを終えたら、Ledger nano S をパソコンに接続し、PINコードを入力して通信できる状態にします。

この状態で、「Ledger Manager」を起動してください。

ビットコインキャッシュ

「Bitcoin Cash」「Ripple」をそれぞれインストールしてください。

リップル

インストールに成功すると、以下の様に、Ledger nano S のディスプレイに、ビットコインキャッシュと、リップルのアイコンが追加されます。

Ledger Nano S ビットコインキャッシュ Ledger Nano S リップル

Ledger Manager でインストールが失敗する場合の対処方法

Ledger Manager でリップルとビットコインキャッシュをインストールしようとすると、失敗する事がありました。

ledger 失敗

何度やっても失敗するので、Ledger nano S をパソコンから切り離したり、パソコンを再起動すると、無事インストールする事ができました。

原因は分かりませんが、失敗する場合は、Ledger nano S をパソコンから切り離し、パソコンを再起動したりしてみて下さい。

リップル(Ripple)を保管する方法

まずは、Ledger nano S をパソコンに接続して、Ripple(リップル)のアイコンでボタンを同時に押して下さい。

Ledger Nano S リップル2

「Ledger Wallet Ripple」を起動し、Ledger nano S と同期されると、以下の様画面で↓(下矢印)をクリックして下さい。

すると、Ledger nano S のリップル用のアドレスが表示されるので、このアドレスを控えて下さい。

Ledger Wallet Ripple

後は、取引所から、先ほど控えたアドレス宛にリップルを送金して下さい。

送金が完了してから、10分程経過したら、再び「Ledger Wallet Ripple」を起動してみると、リップルが入金されているはずです。

リップル3

イーサリアム(Ethereum)を保管する方法

Ledger Nano S をパソコンに接続して、Ethereum(イーサリアム)のアイコンでボタンを同時に押して下さい。

Ledger Nano S イーサリアム6

「Use wallet to view accounts」で、右上ボタンを押して下さい。

Ledger Nano S イーサリアム2

「Settings」で、ボタンを同時に押して下さい。

Ledger Nano S イーサリアム3

「Contract data」で、ボタンを同時に押して下さい。

Ledger Nano S イーサリアム4

「Yes」で、ボタンを同時に押して下さい。

Ledger Nano S イーサリアム6

Ledger Wallet Ethereum を起動して、「Go to MyEtherWallet」をクリックします。

ether3

「Ether/トークンの送出」⇒「Ledger Wallet」にチェックを付けて「Leger Wallet に接続」をクリックします。

ether

すると、MyEtherWallet のアドレスが表示されますので、どれか一つ使用していないアドレスを控えて下さい。

Myether1

後は、取引所から、先ほど控えたアドレス宛にイーサリアムを送金して下さい。

イーサリアムの送金は大体7分程で行われるので、送金してから10分程したら、先ほど控えたMyEtherWallet のアドレスの残高に、イーサリアムが入金されているはずです。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)を保管する方法

「Ledger Wallet Bitcoin」を起動して下さい。

Ledger Wallet Bitcoin2

Ledger nano S をパソコンに接続して、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)のアイコンでボタンを同時に押して下さい。

Ledger nano s ビットコインキャッシュ Ledger nano s ビットコインキャッシュ2

以下の画面で、「BITCOIN CASH」をクリックして下さい。

Ledger Wallet Bitcoin

以下の画面では、ビットコインがハードフォークする前から、持っていた場合は、MAINで、ハードフォーク後のビットコインキャッシュの場合は、SPLIT の方が良いみたいですが、正直どちらでも良いと思います。

私は、SPLITを選択しました。

Ledger Wallet Bitcoin3

↓(受信)をクリックすると、ビットコインキャッシュのアドレスが表示されるので、このアドレスを控え、取引所に移動し、このアドレス先に出金して下さい。

Ledger Wallet Bitcoin4

暫くすると、Ledger Wallet Bitcoin の口座に入金されているはずです。

トロン(TRON)を保管する方法

トロン(TRON)は、MyEtherWallet で保管する事が可能です。

なので、基本的にイーサリアムと手順は同じなので、MyEtherWallet を開く手順は割愛します。

MyEtherWallet で、使用していないアドレスを控えて下さい。

myether-トロン12

取引所から、先ほど控えたアドレス宛にトロン(TRX)を送金して下さい。

MyEtherWallet-トロン(Tron)

私が送金した時は、約35分程かかりましたが、暫くするとTRX が反映され、トロンが入金されていました。

Ledger nano Sの注意点

最後に、Ledger nano S を使用する上での、注意点について、少し触れておきます。

Ledger nano S にインストールできるアプリの数は5個まで

Ledger nano S は、対応通貨数はとても多いですが、Ledger Nano S にインストールできるアプリの数は5個までとなっています。

既に標準で、ビットコイン、イーサリアム、FIDO U2F の3つがインストールされているので、私の様に、ビットコインキャッシュと、リップルをインストールしたら、それ以上はインストールする事ができません。

6つ以上インストールしたい場合は、Ledger nano S をもう一つ購入するか、上位モデルのLEDGER BLUE を購入しましょう。

ただし、LEDGER BLUE はEARTH SHIPのホームページでは、リンク切れになっているので、販売中止になったのかもしれません。

なので、Ledger nano S をもう一つ購入するのが、ベストだと言えそうです。

リカバリーフレーズや、パスワード管理を怠ると、仮想通貨を取り出せない場合も

これは、Ledger nano S に限った話ではなく、ハードウェアウォレット全般に言えることですが、セキュリティーを強固にしている分、リカバリーフレーズやPINコードの選定・管理をしっかりする必要があります。

これらの管理を怠ってしまうと、最悪の場合仮想通貨を取り出せなくなる危険性も考えられますので、しっかり管理しましょう。

まとめ

Ledger nano S は、2万円以内で購入する事ができるので、ある程度の金額を投資している方であれば、万が一取引所に預けているお金が無くなってしまうリスクを考えると、安いと思います。

この先も、取引所に対するハッキングや、取引所自体の倒産など、どんなトラブルが待ち受けているか分かりませんので、最悪の事態を免れるためにも、ハードウェアウォレットでの保管をおすすめします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存