コンビニ業界の今後と共通ポイントの行方を探る

スポンサーリンク

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

先日、コンビニ業界3位のファミリーマートと、4位のサークルKサンクスが経営統合を目指し協議しているというニュースがありました。

実はファミマとサークルKサンクスの経営統合の話は2014年の夏ごろにも囁かれていたので、やっぱりというのが本音です。

両社が経営統合すると、ローソンを抜いて業界2位になるのですが、Tポイントを貯めている者としては、今後の共通ポイントの行方の方が気になってしまいます。

今回の統合で共通ポイントがどうなっていくのか、考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

経営統合後は、ファミマに一本化?

まず経営統合されると、それぞれの店舗はどうなるのか?気になりますよね。

経営統合されると、弱者が強者に食われるのが一般的です。

両社の規模を比較してみましょう。

ファミマ サークルKサンクス
資本金 16,658百万円 8,380百万円
売上 1,721,962百万円
(2014年2月期)
1,018,891百万円
(2014年2月期)
店舗数 23,622(国内外) 6,353
ポイント Tポイント 楽天Rポイント
親会社 伊藤忠商事 ユニーグループHD

見ての通り、全ての規模でファミマの圧勝ですね。

特に店舗数が4倍近い差があります。

両社を比較すると、経営統合後は下記のいずれかになるものと予想しています。

  • 全店舗をファミリーマートになる
  • 店舗ブランドはそのままで継続運営され

両社ともに経営統合にかかるコストを考えると、店舗数で圧倒的なシェアを誇るファミマをベースに店舗統合を図るのが妥当といえます。

少なくとも、全店舗がサークルKサンクスになることはないでしょう。

ただ、フランチャイズ店舗が多いコンビニにあって、全店舗をファミマに変更するとなると、改装費などを負担できるオーナさんは数える程度しかいないのではないでしょうか。そうなると強引にファミマブランドに統一してしまうことで、これを機に廃業するオーナさんも出てくることでしょうね。

今後店舗ブランドがどうなるのか気になります。

Tポイント?それとも楽天Rポイント?

そして最大の注目はポイントカードの行方です。

店舗統合の話でも述べましたが、全店舗がファミマブランドになることがあっても、サークルKブランドになることは、まずないでしょう。

仮に全店舗がファミマブランドになれば、Tポイントが貯まる店舗数が増えるので、個人的にはうれしいですが、わざわざRポイントまで設立した楽天側も黙ってはないと思います。

ひょっとすると、全店舗でTポイント・楽天Rポイントの両方のポイントカードが使えることもありえるのでしょうか?

そうなると楽天Rポイント側はメリットが高まりますね。

いずれにせよ、Tポイントを貯めれる店舗が増えることは悪いニュースではないので、今後もこの話題を注視していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です