北陸新幹線を格安で乗車する方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

北陸新幹線

北陸新幹線が開業して、早いものでもうすぐ1年を迎えます。

これまで「特急はくたか」だと越後湯沢で乗り換えが発生していましたが、新幹線だとそのまま東京まで行けちゃうので、東京方面への出張が劇的に楽になりました。

その影響で、ANA の東京/羽田~富山・小松線は搭乗率が減少し、便数が削減されてしまいますが・・・

また、これまで関東方面からは遠いとされてきた妙高エリアのスキー場も、北陸新幹線なら約2時間ほどで上越妙高駅に到着するので、利便性は格段に高まりました。

新幹線が開通してから、金沢駅や富山駅には東京方面から観光で来られる方が多くいらっしゃいますが、今一度北陸新幹線を格安で乗車する方法について、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北陸新幹線の種類について

まず最初に、北陸新幹線の種類について紹介します。

北陸新幹線の[東京-金沢]間を結ぶ車両には、[かがやき]と[はくたか]の2種類があります。

それぞれの違いは下記の通りです。

かがやき はくたか
所要時間
(金沢)
2時間28分 2時間50分
所要時間
(富山)
2時間8分 2時間27分
自由席 なし あり

[はくたか]が[かがやき]に比べて所要時間が長い理由は、停車駅が多いためです。

また、はくたかには自由席がありますが、かがやきには自由席はありません。

北陸新幹線の通常運賃について

北陸新幹線の「東京/上野/大宮ー北陸間」の通常期運賃は以下の通りです。

    東京 上野 大宮
上越妙高 グランクラス 16,990円 16,780円 16,130円
グリーン車 11,850円 11,640円 10,990円
指定席 9,280円 9,070円 8,420円
自由席 8,760円 8,550円 7,900円
糸魚川 グランクラス 22,820円 22,610円 21,540円
グリーン車 14,600円 14,390円 13,320円
指定席 11,000円 10,790円 9,720円
自由席 10,480円 10,270円 9,200円
黒部宇奈月温泉 グランクラス 23,680円 23,470円 23,150円
グリーン車 15,460円 15,250円 14,930円
指定席 11,860円 11,650円 11,330円
自由席 11,340円 11,130円 10,810円
富山 グランクラス 25,580円 25,370円 25,150円
グリーン車 17,360円 17,150円 16,930円
指定席 12,730円 12,520円 12,300円
自由席 12,210円 12,000円 11,780円
新高岡 グランクラス 26,430円 26,220円 25,370円
グリーン車 18,210円 18,000円 17,150円
指定席 13,580円 13,370円 12,520円
自由席 13,060円 12,850円 12,000円
金沢 グランクラス 26,970円 26,760円 26,440円
グリーン車 18,750円 18,540円 18,220円
指定席 14,120円 13,910円 13,590円
自由席 13,600円 13,390円 13,070円

※繁忙期 は+200円
3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日
※閑散期 は-200円
1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の各期間の月~木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く)

新幹線には回数券がない

北陸新幹線が開業する前の、特急はくたか&上越新幹線で東京まで行っていた頃は、回数券が使用できたので回数券で通常運賃よりも安く乗車できましたが、北陸新幹線が開業してからは回数券は使用できなくなりました。

なので、少しでも安く乗車するには、その他の方法を検討するしかありません。

往復割引も対象外

JR は片道距離が600km 以上の区間は往復割引が適用されますが、東京ー金沢間は600km に満たないため、北陸新幹線の全区間は往復割引の対象外となります。

北陸新幹線を格安で乗車する方法

それでは、北陸新幹線を少しでも安く乗車する方法を、いくつか紹介します。

JR西日本のe5489 で購入する(北陸発のみ)

まず最初に紹介するのが、JR西日本の列車予約サービス「e5489」で購入する方法です。

e5489 ので購入できる割引切符には下記の3種類があります。

  • eきっぷ(J-WESTカード会員専用)
    出発時刻直前までの予約が可能
  • WEB早特1(e5489会員登録必須)
    乗車日の前日(23時)までの予約が必要
  • e早特1(J-WESTカード会員専用)
    乗車日の前日(23時)までの予約が必要

WEB早特1 はe5486 の会員になれば誰でも購入ができ、eきっぷとe早特1 はJR西日本のクレジットカードである、J-WESTカードの入会特典となります。

J-WESTカードには、年会費(1,080円)が必要な「エクスプレス」と、実質年会費が無料の「ベーシック」の2種類があります。

どちらも上記3種類の割引切符を購入できますが、エクスプレスの方は東海道新幹線などの切符がお得に購入できる「EX予約」にも対応しています。

東海道新幹線も頻繁に利用される方なら、エクスプレスの方が良いでしょうが、北陸新幹線しか乗らない方なら、年会費が無料のベーシックで問題ないと思います。

e5489 の各割引切符の料金は下記の通りです。

    東京 上野 大宮
上越妙高 eきっぷ 8,640円 8,550円 7,900円
WEB早特1 8,350円 8,160円 7,570円
e早特1  ―
糸魚川 eきっぷ 10,360円 10,150円 9,200円 
WEB早特1 9,900円 9,710円 8,740円
e早特1
黒部宇奈月温泉 eきっぷ 11,220円 10,010円 10,690円
WEB早特1 10,660円 10,470円 10,180円
e早特1
富山 eきっぷ 12,090円 11,880円 11,580円 
WEB早特1 11,450円 11,260円 11,060円 
e早特1 10,880円 10,690円 10,410円
新高岡 eきっぷ 12,940円 12,730円 12,000円
WEB早特1 12,220円 12,030円 11,260円
e早特1 11,650円 11,460円 10,790円
金沢 eきっぷ 13,480円 13,270円 12,950円
WEB早特1 12,700円 12,510円 12,220円
e早特1 12,130円 11,940円 11,660円

※繁忙期 は+200円
3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日
※閑散期 は-200円
1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の各期間の月~木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く)

3種類の中で一番安く買えるのは、e早特1 でWEB早特1、eきっぷと続きます。

ただし、e早特1 は上記の区間では富山駅以降なので、黒部宇奈月温泉駅以前ではWEB早特1 が一番安いことになりますね。

ここで一つ注意することがあります。

e5489 はJR西日本のサービスであるため、始発駅が北陸発に限られる事です。

上記表で紹介した駅で言うと、糸魚川駅まではJR西日本の管轄で、上越妙高駅からはJR東日本の管轄となるので、上越妙高駅発でe5489 の割引切符は購入できません。

スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」を利用する

スーパーモバイルSuica特急券、略して「スーパーモバトク」と「モバトク」も北陸新幹線に格安で乗車することができます。

  • スーパーモバトク
    モバイルSuicaの会員登録が必要
    前日の23時40分まで購入可能
  • モバトク
    モバイルSuicaの会員登録が必要
    発射時刻の6分前まで購入可能

e5489 と違って、Suica はJR東日本のサービスなので、東京発の切符を買う事も可能です。

「スーパーモバトク」と「モバトク」の料金は下記の通りです。

    東京 上野 大宮
上越妙高 モバトク 8,540円 8,330円 7,900円
スーパーモバトク
糸魚川 モバトク 10,260円 10,050円 9,200円
スーパーモバトク
黒部宇奈月温泉 モバトク 11,120円 10,910円 10,710円
スーパーモバトク
富山 モバトク 11,990円 11,780円 11,580円
スーパーモバトク 10,780円 10,590円 10,410円
新高岡 モバトク 12,840円 12,630円 12,000円
スーパーモバトク 11,550円 11,360円 10,790円
金沢 モバトク 13,380円 13,170円 12,970円
スーパーモバトク 12,030円 11,840円 11,660円

※繁忙期 は+200円
3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日
※閑散期 は-200円
1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の各期間の月~木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く)

スーパーモバトクだと、東京-金沢間で通常運賃よりも約2,000円引きと、最も激安で乗車できます。

他の割引サービスと比較しても値引き額が一番大きいので、とても魅力的ですが、いくつかの注意点もあります。

モバイルSuica特急券(スーパーモバトク)を利用するには、モバイルSuica の会員登録が必要ですが、モバイルSuica には年会費 1,030円(税込)がかかります。

ただし、ビューカード会員やANA VISA Suica カードをお持ちの方は、年会費が無料になります。

特に、ANA VISA Suica カードは、Suicaチャージで0.5%のマイル還元があるので、大変おすすめです!

ANAのマイルを貯めるなら、ANA VISA Suicaカード

また、モバイルSuica特急券は、モバイルSuica会員のみしか購入することができないため、家族旅行などの団体旅行には不向きです。

そして、モバイルSuica特急券で予約できる座席数は限られているため、人気のある列車はなかなか席が空いていないので、そもそも予約すら出来ない事が多いのです。

デメリットもありますが、激安という意味では一番魅力的なサービスではあるので、一人旅など条件が合う場合は、おすすめのサービスとなります。

旅行会社の「新幹線」と「宿泊」のセットプランを利用する

旅館やホテルなどに宿泊をする前提で新幹線を利用する場合は、旅行会社の北陸新幹線と宿泊がパックになったプランを利用するのが、絶対におすすめです!

中でも、日本旅行は新幹線と宿泊がセットになったプランを多く揃えているので大変おすすめです!

⇒《日本旅行の北陸新幹線+宿泊プランこちらから》

例えば、ANAクラウンプラザホテル富山の朝食なしが、東京-富山間の往復チケット付きで、30,200円~とかなりお得になっています。

グレードの低いホテルであれば、更に安く宿泊ができるので、宿泊を考えている方は、日本旅行の新幹線+宿泊プランを検討されては如何でしょうか。

えきねっとトクだ値で購入する

JR東日本が運営するインターネット予約サイト「えきねっと」限定の切符、えきねっとトクだ値も通常料金よりも安く切符を購入することが可能です。

えきねっとトクだ値の購入条件は以下の点です。

  • えきねっとの会員(無料)であること
  • 当日の午前1時40分までに購入可能

えきねっとトクだ値の料金は下記の通りです。

  東京 上野 大宮
上越妙高 8,350円 8,160円 7,570円
糸魚川 9,900円 9,710円 8,740円
黒部宇奈月温泉 10,660円 10,470円 10,180円
富山 11,450円 11,260円 11,060円
新高岡 12,220円 12,030円 11,260円
金沢 12,700円 12,510円 12,220円

※繁忙期 は+200円
3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日
※閑散期 は-200円
1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の各期間の月~木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く)

割引幅こそスーパーモバトクや、e早特1、WEB早特1に比べて劣りますが、e5489 のような北陸発という縛りもなく、モバトク、e5489 のように有料会員や指定のクレジットカードが必要といったこともありません。

ただ必要なのは、えきねっとの会員に登録(無料)するだけです。

なお、えきねっとトクだ値には、13日前までに申し込みすると、更に割引率が高い「お先にトクだ値」という商品もありますが、残念ながら今のところ北陸新幹線は対象外となっています。

割引サービスの中でも、比較的手軽に利用できるので、家族旅行や友人との旅行などにおすすめです!

学割を利用する(学生のみ)

北陸新幹線は学生の特権である、学割にも対応しています。

学割のメリットは、学生であれば何の登録をしなくても、学割証を提示すれば割引価格で乗車できる点です。

えきねっとトクだ値の料金は下記の通りです。

    東京 上野 大宮
上越妙高 指定席 8,260円 8,060円 7,530円
自由席 7,740円 7,540円 7,010円
糸魚川 指定席 9,920円 9,720円 8,700円
自由席 9,400円 9,200円 8,180円
黒部宇奈月温泉 指定席 10,670円 10,470円 10,200円
自由席 10,150円 9,950円 9,680円
富山 指定席 11,430円 11,230円 11,040円
自由席 10,910円 10,710円 10,520円
新高岡 指定席 12,220円 12,020円 11,220円
自由席 11,700円 11,500円 10,700円
金沢 指定席 12,650円 12,450円 12,180円
自由席 12,130円 11,930円 11,660円

※繁忙期 は+200円
3月21日~4月5日・4月28日~5月6日・7月21日~8月31日・12月25日~1月10日
※閑散期 は-200円
1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の各期間の月~木曜日(祝日と祝前日・振替休日は除く)

学割はスーパーモバトク、e早特1 に次いでの割引幅となっており、とてもお得なサービスとなっています。

では、学割が対象となる学生の定義とはどうなっているのでしょうか?

JR東日本のホームページには下記の様に記載されています。

JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生・生徒の方

JRから指定を受けていない学校がどの様な学校かは分かりませんが、大抵の学校は学割の対象になっていると思います。

学割できっぷを購入するには、まず学校で既定の手続きを済ませ、学割証を入手します。

そして、みどりの窓口に行って、学割証を提示することで学割が適用されます。

なお、自動券売機やインターネットは学割の対象外となるので注意してください。

北陸地方の旅行には北陸周遊乗車券がお得!

新幹線の割引とは関係ないですが、北陸新幹線で北陸地方に来た際、現地で電車移動で観光を予定されている方は、北陸周遊乗車券がおすすめです!

北陸周遊乗車券を購入すれば、糸魚川から富山、石川、福井の在来線の自由席が2日間乗り放題となります。

以下、北陸周遊乗車券の概要です。

  • 価格:おとな2,000円、こども1,000円
  • 有効期間:2日間
  • 北陸新幹線の東京~上越妙高間を発駅とし、糸魚川~金沢間を着駅とする
  • 発売箇所:金沢駅・新高岡駅・富山駅・黒部宇奈月温泉駅・糸魚川駅の各駅

ただし、北陸周遊乗車券が購入できるのは、「えきねっとトクだ値」か、「モバトク」「スーパーモバトク」のいずれかを利用した方(同行者は含まず)に限られます。

北陸地方は電車での移動が非常に不便な地域なので、人によってはまったくメリットがないかもしれませんが、田舎の電車に乗ってまったりとした旅行も、たまには良いかもしれませんね!

北陸周遊乗車券の詳しい情報は下記をご覧ください。

⇒《「北陸周遊乗車券」発売のお知らせ》

まとめ

以上が北陸新幹線の割引情報ですが、最後に東京ー富山/金沢間の通常運賃の指定席で、各割引額を比較してみました。

  富山 割引額 金沢 割引額
スーパーモバトク 10,780円 1,950円 12,030円 2,090円
e早特1 10,880円 1,850円 12,130円 1,990円
学割(学生のみ) 11,430円 1,300円 12,650円 1,470円
WEB早特1 11,450円 1,280円 12,700円 1,420円
えきねっとトクだ値 11,450円 1,280円 12,700円 1,420円
モバトク 11,990円 740円 13,380円 740円
eきっぷ 12,090円 640円 13,480円 640円
通常指定席 12,730円 14,120円

割引額だけで比較すれば、スーパーモバトクが最も安くなりますが、シチュエーションによって使い分ける必要があります。

スーパーモバトク/モバトクは、席が確保し難い点やモバイルSuica会員本人のみにしか対象でない点など、家族旅行などには向いていないため、単身旅行の方におすすめ!

北陸発の方なら、e早特1 など e5489 のサービスがおすすめ!

学生なら、迷わず学割がおすすめ!

関東発も北陸発も、「えきねっとトクだ値」は手軽に利用できるので、大変おすすめ!

宿泊するなら、日本旅行の新幹線+宿泊プランが、最もおすすめ!

是非!北陸新幹線を利用して、富山や金沢にお越しください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存