ふるさと納税をクレジットカード決済、楽天スーパーポイント、Tポイントで支払う方法

スポンサーリンク

ふるさと納税

2008年に開始して以来、年々利用者が増えているふるさと納税

2015年4月からは、ふるさと納税により控除される額が、従来より約2倍に拡大され、年間に5つの自治体までの寄付なら、確定申告が不要となるなど、より利用し易くなりました。

また、寄付の支払い方法は、クレジットカード決済、Tポイントまたは楽天スーパーポイントによる支払いも可能なのです。

今回は、クレジットカード決済などの方法と、その利点を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

このサイトを見てる人は、既にふるさと納税についてある程度の知識はあると思いますので、詳細は割愛しますが、簡単に説明すると、自治体に一定のお金を寄附すると、各自治体の特産品がもらえ、翌年の住民税が控除される制度です。

世帯収入に見合った額を寄附すれば、基本的に損はしないと思います。

世帯収入に対する、控除される寄附金の目安は、下記のサイトが参考になります。

《寄附金控除の目安、簡易シミュレーション》

また、”ふるさと”とありますが、自分の生まれ故郷や何かの縁がある地方でなく、どこにでも寄附ができるのも、楽しみのひとつと言えます。

ふるさと納税の支払い方法

ふるさと納税の寄附の方法は、各地方自治体によって多少異なりますが、主に下記の支払い方法があります。

  • 口座振込
  • 郵便振替
  • コンビニ納付
  • 現金書留
  • インターネットからのクレジットカード決済
  • Pay-easy(ペイジー)
  • Tポイント
  • 現金

それぞれのメリットとデメリットは、大体わかると思いますが、大抵の方は口座振込かコンビニ納付で、寄附をしているのではないでしょうか。

わざわざ遠方の役所まで行って、現金で寄附している方はいないでしょうしね・・・

ふるさと納税をクレジットカードで支払う方法

クレジット決済のメリットは、何と言ってもクレジットカード会社のポイントが貯まる事です。

ANA VISA SuicaカードならANA のマイルが、Yahoo! JAPANカードならTポイントが、貯まります。

ふるさと納税をクレジットカードで支払う方法は、主に下記の方法があります。

  • 自治体の専用ホームページから、クレジット決済を行う
    ※クレジット決済が対応している、一部自治体のみ

クレジット決済が対応している自治体は増えてはいますが、まだ完全対応とはなっていません。

そこでおすすめなのが、Yahoo!公金支払いで決済する方法です。

Yahoo!公金支払いとは、税金や水道料金などの公金をクレジットカードや、Tポイントで支払うことができるサービスです。

もちろん、ふるさと納税にも対応しており、寄附ができる自治体数も多く、わざわざクレジット決済ができる自治体を探す手間もありません。

ふるさと納税をTポイントで支払う

先ほど述べたとおり、Yahoo!公金支払いはTポイントで支払うことができるので、ふるさと納税の寄付もTポイントで行うことも可能です。

ふるさと納税でTポイントが使えるのは、Yahoo!公金支払いだけです!

Tポイントの使い道がない方は、ふるさと納税で使い切るのもありですね。

楽天スーパーポイントが貯まる、楽天市場でふるさと納税

楽天ふるさと納税とは、楽天市場が2015年7月31日から開始した、新たなサービスです。

ヤフー公金支払いと同じく、クレジットカード決済も可能で、最大のポイントは寄付金額100円につき、楽天スーパーポイントが1ポイント付与される点です。

ふるさと納税で、楽天市場でショッピングするのと同じポイント数がもらえるのは、大変うれしいですね!

楽天カードでクレジット決済をすると、楽天カード分のポイントと、寄附のポイントの2重取りも可能です。

ただし、まだサービスが開始したばかりのため、寄附ができる自治体が少ないのが難点です。

楽天のことなので、今後急激に拡大していくものと思われますので、これからに期待したいですね!

まとめ

  • クレジットカード決済なら、クレジットカードのポイントが付与されるので、大変お得!
  • ヤフー公金支払いは、手軽に寄附ができ、Tポイントで寄附することも可能
  • 楽天ふるさと納税は、寄附金額100円につき、1ポイントの楽天スーパーポイントが付与される
    ただし、寄附ができる自治体の数が少ないのが難点

これから、ふるさと納税を初めて見る方も、既にふるさと納税をしている方も、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存