伊香保おもちゃと人形自動車博物館は見所満載!

スポンサーリンク

伊香保おもちゃと人形自動車博物館の外観

群馬県の伊香保と言えば真っ先に思い浮かぶのが温泉ですが、伊香保おもちゃと人形自動車博物館をご存知でしょうか?

群馬に家族旅行した際に、小さな子供から大人まで楽しめそうな観光名所はないか調べていたところ、たどり着いたのが伊香保おもちゃと人形自動車博物館だったのです。

しかも、旅行新聞新社が主催する「プロが選ぶ人気観光施設100選」で12年連続入賞(博物館では日本で唯一)していたり、私設ミュージアムとしては集客数が国内No1 だったり、とりあえずそれなりに人気がありそうだったので、とりあえず行ってみました。

どの様な博物館なのか館内の様子を写真を用いてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊香保おもちゃと人形自動車博物館までのアクセス

車だと関越自動車道 渋川・伊香保ICから、伊香保温泉方面に約17分の場所にあります。

バスの場合は、JR上越線渋川駅から群馬バス・伊香保温泉行きに乗車し、上の原バス停で下車すると目の前にあります。

館内への入場料と開館時間

館内への入場料は下記の通りとなります。

開館時間 4/25~10/31 AM8:30~PM6:00
11/1~4/24 AM8:30~PM5:00
※最終入館は閉館30分前まで
入場料 大人 1,080円 (税込)
中学生・高校生 860円 (税込)
幼児(4歳から)・小学生 430円 (税込)
障害者手帳などお持ちの方(ご本人のみ)
大人  860円 (税込)
小人  320円 (税込)
休刊日 年中無休

下記のURL にあるチケットをプリントして、受付で支払い時に渡すと、大人1名の入館料が100円割引になります。

⇒《特別ご優待券(100円割引)》

あと、AM8時30分からAM9時までに受付でキーワードを言うと、入館料が半額になるという早期割引サービスもあります。

 ※キーワードクイズ
博物館には映画の撮影に使われた
ミゼットとスーパーカブが展示されています。
昭和30年代が舞台となった
この大ヒット映画のタイトルは?。

《AM9:00までにご入館いただける方に限ります》
《必ずご清算前にキーワードを言ってください》
《ゴールデンウィークと夏休み期間は除きます》
お誕生日の方《365日可》…..入場料無料(ご本人のみ)
※確認できるものをご提示ください。

入館料を支払うと、下記の様な何も絵付がされていない、無垢なキューピー人形が一人1個手渡されます。

このキューピーは最後に絵付体験があるので、くれぐれも無くさないように!

キューピー

無垢のキューピー人形

入口の売店 入口ロビーの様子 入口にあるショーケース館内入口のロビーの様子

館内に入るとすぐに売店がありますが、中間にも売店がありますし、入口の売店は最後にも通るので、後からゆっくり見ましょう!

博物館内の展示物の紹介

伊香保おもちゃと人形自動車博物館の、大まかに順路を説明すると、

[テディベア博物館]⇒[昭和レトロパーク駄菓子屋横丁]⇒[おもちゃと人形博物館]⇒[自動車博物館]⇒[伊香保三丁目の夕日]⇒[昭和レトロ通り]⇒[テディベア博物館]⇒[世界のワインとチョコレート博物館]⇒[リス園とフェラーリF40の展示]⇒[キューピーの絵付体験]

このような流れになっています。

テディベア博物館

正直、私自身はテディベアには全く興味がないのですが、館内には色んな種類のテディベアが所狭しと展示されています。

伊香保おもちゃと人形自動車 伊香保おもちゃと人形自動車博物館のテディベア 伊香保おもちゃと人形自動車博物館のテディベア2 伊香保おもちゃと人形自動車博物館のテディベア3 http://tpoint.wpblog.jp/wp-content/uploads/2016/01/c322915a80d62b3e8684f14ea1015a6a.jpg 伊香保おもちゃと人形自動車博物館のテディベア5 伊香保おもちゃと人形自動車博物館のテディベア6

子供達もあまり興味がなかったようで、テディベアのコーナーは流し気味で見学しました。

昭和レトロパーク駄菓子屋横丁

テディベア館を過ぎると、いきなり懐かしい雰囲気の場所に移ります。

伊香保おもちゃと人形自動車博物館の昭和レトロ館 伊香保おもちゃと人形自動車博物館の昭和レトロ館2

昭和の雰囲気を再現した通りです。なんだか懐かしい。

スマートボール

いまだに、伊香保温泉の温泉街には存在する、スマートボール。

300円で実際にプレーできます。

駄菓子、伊香保屋 昔のおもちゃ 昔のおもちゃ2 昭和の電気屋

昭和の電気屋さんと言った感じでしょうか。

昭和のアイドル

昭和アイドルのレコードがずらり!

時代を感じますね・・・

プロレスグッズ プロレスグッズ2

タイガーマスクから、猪木、力道山のグッズまであります。

このプロレスコーナーは、30代から50代ほどまでの男性の方が多く見入ってました。

射的 昭和のおもちゃ屋

射的や昭和のおもちゃ屋もあります。

射的も、300円(5発)でプレーすることができます。

スポンサーリンク

自動車博物館

以前行った事がある、石川県小松市にある「日本自動車博物館」には、展示数は劣りますが、マニア向けな旧車の展示数が結構多く、旧車マニアには見ごたえのある展示内容だと思います。

IMG_8929 IMG_8930 IMG_8931 IMG_8932 IMG_8933 IMG_8934

ダイハツミゼットや、「てんとう虫」の相性で親しまれた、スバル・360 など、高度成長期を支えた名車が展示されています。

MINIの展示

高度成長期を支えた名車の次にはMINI の展示コーナーがありますが、こちらは写真撮影がNG なので、遠目のアングルから1枚!

MINI のコーナーを過ぎ、2階へ上がると、旧車マニアが喜ぶ車が並んでいます。

日産ルノー

藤原豆腐店のAE86スプリンタートレノ

頭文字Dでお馴染、トヨタ「AE86スプリンタートレノ」藤原とうふ店仕様!

自動車博物館の2F

自動車博物館の2階の様子

1961年製のセドリック

1961年製のセドリック

トヨタ、コロナなど

ダイハツ・ベルリーナやトヨタ・コロナなど

日産スカイライン1500

「ハコスカ」こと、日産スカイライン1500

ホンダ・クーペ 1300

ホンダ・クーペ 1300

続いて、3F へと移動します。

自動車博物館の3F

自動車博物館の3F の様子

トヨタ・2000GT

トヨタ・2000GT

スカイライン kpgc110

「ケンメリ」こと、スカイライン KPGC110 GT-R

日産・フェアレディ Z432

日産・フェアレディ Z432

パノスLMPロードスター

パノスLMPロードスター

フェアレディ240Z

フェアレディ 240Z

ハコスカKPGC10 GT-R

「ハコスカ」こと、KPGC10 GT-R

ホンダN360_マツダ・コスモスポーツ

左からスバル360、ホンダN360、マツダ・コスモスポーツ

ご覧の通り、展示されている車はマニア向けばかりとなっていました。

まだ他にも、ココでは紹介できていない車がありましたので、興味がある方は是非一度足を運んで見て下さい。

楽しかったです!

中間にある売店

入口の売店以外に、館内のちょうど中間あたりにも売店があり、こちらの方が入口の売店よりも品揃えが良かったです。

ただし、テディベアに関しては、入口の売店にしかありません。

伊香保おもちゃと人形自動車博物館の売店4 伊香保おもちゃと人形自動車博物館の売店 伊香保おもちゃと人形自動車博物館の売店2 伊香保おもちゃと人形自動車博物館の売店7 伊香保おもちゃと人形自動車博物館の売店6 伊香保おもちゃと人形自動車博物館の売店5

自動車博物館の次にある為か、車のプラモデルなど比較的、車関係のグッズが多く販売されていました。

伊香保おもちゃと人形自動車博物館の売店3

頭文字D とタイアップしているのかわかりませんが、頭文字D のグッズやお菓子なども販売されていました。

頭文字Dのお土産

頭文字Dのお土産

伊香保三丁目の夕日

売店を出るとすぐにあるのが、伊香保三丁目の夕日というコーナーです。

伊香保三丁目の夕日 伊香保三丁目の夕日2

怪しい細道を抜けていくと、ご利益がなさそうなお地蔵さんが登場しました。

伊香保三丁目の夕日3

そしてさらに奥に進むと、伊香保三丁目の夕日の入口が出てきました。

伊香保三丁目の夕日4 伊香保三丁目の夕日9 伊香保三丁目の夕日8 伊香保三丁目の夕日7

昭和の名作からハリウッドの大作まで、懐かしい映画のポスターが多く並んでいます。

伊香保三丁目の夕日5

伊香保三丁目の夕日のミゼット

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のロケで実際に使用された、ミゼットらしいです。

映画を見た人なら分かると思いますが、確かに出てましたよね!

ミゼットの手前にはスーパーカブが。

こちらも映画の撮影に使われた物だそうです。

駄菓子屋

伊香保三丁目の夕日の次には、昔懐かしい駄菓子屋さんがあります。

駄菓子屋

懐かしい駄菓子を、結構な種類取り揃えています。

駄菓子屋2

写真を撮り忘れましたが、なめ猫のカードも売っていたので、子供達にプレゼントしました。

昭和レトロ通り

駄菓子屋を過ぎると、昭和の映画館街を思わせる通りに入っていきます。

昭和の映画街 昭和の映画街_伊香保映画館

石原裕次郎など、昭和の映画全盛期のポスターなどが多く展示されていました。

一緒にいた義理の母は、もろ裕次郎世代なのでとても懐かしそうでした。

再びテディベア博物館

そろそろゴールに近づいてくると、再びテディベアの展示物が登場します。

テディベア博物館 テディベア博物館2 テディベア博物館3 テディベア博物館4 テディベア博物館5

かなりの種類のテディベアが飾られています。

入口の売店(テディベアショップ)

テディベア館を抜けると入口の売店に入ります。

入口の売店はテディベアショップとなっており、色んなテディベアが販売されています。

伊香保おもちゃと人形自動車博物館_テディベアショップ 伊香保おもちゃと人形自動車博物館_テディベアショップ2 伊香保おもちゃと人形自動車博物館_テディベアショップ4

テディベア以外のお土産が欲しい方は、自動車博物館の次にある売店で、予め購入された方が良いと思います。

特に男の子のお子さんなら、テディベアショップよりも中間にあった売店の方が、自動車に関係する玩具などが多くあるので、そちらの方が好むのではと思います。

実際、私の息子と娘たちは中間にあった売店の方で、好きな物を選んでいました。

世界のワインとチョコレート博物館

ワインとチョコレートにあまり興味がないせいか、ほぼ素通りしてしまいましたが、世界のワインという割には、展示数はあまり多くはありませんでした。

世界のワインとチョコレート博物館 世界のワインとチョコレート博物館1 世界のワインとチョコレート博物館2 世界のワインとチョコレート博物館5

バーテンダーのような展示になってましたが、結構不気味なマネキンです。

ちょっと、ハッ!としました。

世界のワインとチョコレート博物館3 世界のワインとチョコレート博物館4

世界のビールも展示販売されてます。

リス園とフェラーリF40の展示

ワインとチョコレート博物館の横には、リス園がありその入口あたりにフェラーリF40 が展示されています。

リス園

当日は、どうも木の陰に隠れていたようで、檻の中を除いてもリスが見当たりませんでした。

フェラーリF40 フェラーリF40_2

フェラーリのF40 も展示されています。

バブルの最盛期は2億円以上もしたという車で、今でも中古の相場4,000万円以上するという、超高級車です。

キューピーの絵付体験

子供も大人も家族全員が一番盛り上がったのが、最後にあったキューピーの絵付体験でした。

入館時に手渡された何も色が付いていないキューピーに絵付けを行うのですが、これが結構難しいんです。

キューピーん絵付体験

後から気づいたのですが、絵付けをする前に、すぐ近くにキューピを作っている機械の場所に、絵付けの見本が並んでいるので、先に参考がてら見ておくのをおすすめします!

キューピー製造マシン

ちなみに、我が家の作品はこちら!

キューピー人形の絵付

出来はともかく、家族皆とても盛り上がったので、良かったです!

まとめ

これまで色んな有料施設に行きましたが、入館料の割にはとても見ごたえがありました。

この博物館の良い点は、おもちゃから自動車、はたまた昭和レトロまでが揃っているので、子供からお年寄りまで3世代の家族までが楽しめる点だと思います。

また、これだけの展示内容がありながら、私設ミュージアムという事にも驚きです!

家族一同が楽しめる博物館なので、群馬県外から旅行に来られる方にも絶対におすすめですよ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存