【コスパが魅力のランニングシューズ】ミズノスターゲイザーのサイズ感、履き心地、重さなどをレビュー!

スポンサーリンク

ランニングシューズ スターゲイザー

5月から新元号の令和になったので、何か始めたいなと思い、毎晩約10キロのランニングを始めました。

当初は元々持っていたシューズを履いて走っていましたが、モチベーションアップも兼ねて、ミズノのスターゲイザーというランニングシューズを購入しました。

今回は、ミズノのスターゲイザーのサイズ感や、重さ、実際に走ってみた感想などをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スターゲイザー以外に候補に挙げたランニングシューズ

ランニングをする目的によって、ランニングシューズの選定も変わってきますよね。

私の場合は、ダイエットが目的のランニングになります。

走る場所も、近くの公園など、地面がアスファルトの場所を走るので、なるべく膝への負担を軽減してくれるシューズを探していました。

そうなってくると、

アシックスのゲルを内蔵したシューズか、ミズノウェーブを搭載したシューズのどちらかを候補としていました。

購入の決め手は価格が安かったから

しかし、アシックスのゲルを内蔵したシューズも、ミズノウェーブのシューズも結構良い値段がするんですよね。

あれこれ物色していると、ミズノのスターゲイザーというシューズを発見しました。

しかも、Amazonで送料込みで¥3,865 という、圧倒的に価格が安いではありませんか!

もう、はっきり言って価格の安さに速攻ポチってしまいました。

スターゲイザーの特徴

スターゲイザーの特徴を聞かれても、正直これといった特徴はありませんが、スタンダードなランニングシューズと言えると思います。

まずはソール。

ソールは以下の写真のようです。

ランニングシューズ スターゲイザーのソール

見た目は普通ですが、メーカーサイトによると、「擦り減りにくい耐摩耗アウトソールX10を使用」とあります。

毎日ランニングするには、耐久性が高いのはありがたいですね。

あと、少し変わってるといえば、踵の外側が斜めにカットされています。

ランニングシューズ スターゲイザーの踵

ランニングしてると、両足の踵外側が擦り減るのが早いと思いますが、予めその部分を斜めの形状になっています。

実際走ってみると、全くは違和感はありませんでした。

インナーも至って普通のインナーです。

ランニングシューズ スターゲイザーの中敷き

ごつすぎず、適度なクッション性があって良いと思います。

スターゲイザーのサイズ感

サイズ感については、大きくもなく小さすぎる事もありません。

私は、ナイキやアディダスのスニーカーは26.5cm を履いていますが、スターゲイザーも26.5cm でちょうどでした。

スターゲイザーの重さ

スターゲイザーの1足分の重さは、約250g でした。

めちゃくちゃ軽い訳ではありませんが、日常的なランニングであれば、全く問題ない重さでしょう。

実際に走ってみた感想

今まで履いていたシューズがランニングシューズではなかったので、他のランニングシューズと比較できないですが、適度なクッション性がありとても走りやすいです。

また、なんて表現すれば良いかわかりませんが、左右の安定性が良く、足首に捻挫癖がある私でも安定して走る事ができています。

まとめ

スターゲイザーの魅力は何といってもその圧倒的なコストパフォーマンスです。

値段がお手頃の割には、シューズの作りはしっかりしていますし、ソールのクッション性なども良いです。

これからランニングやウォーキングを始める方にはおすすめの一足だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存