Tポイントを貯める前に

スポンサーリンク

2582c1dde3c0129bff1d5396f45b39d3_s

まず最初に、私がTポイントを貯めようと思ったきっかけや、ポイントサイトは稼げるのか?それとも稼げないのか?また、他の共通ポイントとの比較についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ポイントを貯める楽しさを教えてくれた、ANAのマイレージ

私が最初に本格的にポイントを貯めたのは、ANAのマイレージでした。

当時(2004年頃)の私は毎月に1度出張のため飛行機を利用していましたが、その頃のは私はマイレージの存在を知りませんでした。

ある出張の時、同行していた会社の同僚に「マイル貯めてないの?」「毎月飛行機を利用していてマイルを貯めないのは損だよ」「先日貯まったマイルで夫婦で北海道旅行に行った」などと言われ、マイルの存在を知りました。

そう言われてもどうすればマイルが貯まるのかも知らない私は、とりあえずクレジット機能が付いていないANAマイレージクラブカードを持つことにしました。

しかし、月1度程度の飛行機の利用だと、ほとんどマイルも貯まらないので、同僚にどうやってマイルを貯めているのかを聞いてみると、ANAのクレジットカードなら、ショッピングの度にカード会社のポイントや、マイルが貯まるし光熱費などを全てクレジット払いにすると、すぐにマイルが貯まるよ!と言うのです。

当時の私も嫁も現金主義で、クレジットカードは海外旅行に行った時に使うためのものだったので、正直光熱費などをクレジット払いにするのにはかなりの抵抗がありました。特に嫁は猛反対でした!?

ただ、何か行動に移さないと何も変わらないので、嫁には「まずは1年間試してみようよ?」と説得し、光熱費や携帯通話料など毎月掛かる料金を可能な限りクレジット払いにすることにしました。

そうすると以前とは比較にならない速さでマイルが貯まり、貯まったマイルで家族で沖縄旅行に行きました。これには嫁も大満足で、それ以降クレジット払いに対しての抵抗もなくなりました(笑)

Tポイントとの出会い

しかし、ANAのマイレージプログラムの年々改定がなされて、以前と比べるとマイルが獲得しにくくなっていったのです。また、私自身も会社の方針から出張の回数が激減し、ほとんど飛行機を利用することもなくなったため、思ったようにマイルが貯まらなくなっていたのです。

その頃、楽天ポイントも貯めていた私は、貯まった楽天ポイントで家族旅行に行くことがあり、家族旅行に行くために、マイル以外の共通ポイントを貯めるのも得策ではないかと考えたのです。

当時(2008年頃)共通ポイントと言えば、Tポイントぐらいしかなく、楽天グループしか使えない楽天ポイントと比較した結果、Tポイントを貯めることを決意したのです。※Tポイントの特徴などは後ほど

ポイントサイトは稼げる?稼げない?

では、Tポイントを貯めるうえで欠かせないのが、げん玉などのポイントサイトがあります。ネットでお小遣い稼ぎや副業で検索した方ならご存知だと思います。

これらのポイントサイトについて、「1年間で100万円相当のポイントを稼いでいる」と言う人もいれば、「ポイントサイトは全く稼げないからやめておけ」と言う人もいます。

いったいどちらが正しいのでしょうか?

結論から言うと、どちらも間違っています!

まず、どちらの言い分もポイントサイトに掛ける労力・時間・目的によって違ってくるのではと思います。

私がTポイントを貯める目的は、家族旅行の為です。

その為、年間で貯めるポイント数は10万円相当を目標としています。後程どのようにしてポイントを貯めていくのかは説明しますが、年間10万円相当レベルなら、すき間時間で十分貯めることは可能です。というよりも、すき間時間で貯めれるポイント数は精々頑張っても年間10万ポイント程度だと思っています。

年間100万円相当レベルになると、すき間時間では到底稼ぐことができませんので、本業をお持ちの方なら本業にも影響を与えるのではないでしょうか?

私の経験上、ポイントサイトで年間20万円相当レベルを超えるのは、かなり難しいというか、私自身達成したことがありません。

実際達成している人がいるのかもしれませんが、決して楽して稼げるとは言えないでしょう。

また、ポイントサイトは全く稼げないという意見については、ポイントサイトで得れる報酬が自分が期待しているよりも少ないのが原因だと思います。

私のようにすき間時間で稼いだポイントで、家族旅行が行きたいという程度の目的でしたら、年間で10万円相当のポイントがあれば事足りますが、今すぐお金が欲しいや、いずれは本業を凌ぐ収入を目指すような目的を持った方なら、年間10万円程度の収入では満足でないので、結果全く儲からないという考えになってしまうのではと思っています。

他のネットビジネスとの比較

それでは、ポイントで稼ぐのと、代表的なネットビジネスを比較して考えてみたいと思います。

アフィリエイト

ネットで副業と言えば真っ先に思い浮かぶのが、アフィリエイトだと思います。

ネット副業の中では当たれば一番収入を得ることも可能です。

実際にトップアフィリエイターともなれば、月に数百万以上稼いでいる人もいるそうです。

また、金融商品などと違い金銭的なリスクがないことも魅力の一つです。

ただ、月に5000円以上を稼いでいる人は、全体の5%未満とも言われていることからも分かる通り、アフィリエイトで成功するためには、SEOの知識であったり、記事書きなどの膨大な作業が必要となるため、かなりの労力を要します。

また、頑張ったからといって、その頑張りが必ず収入に結び付くほど甘くもありません。結局稼ぐためには有料の教材であったり講習を受けたりする必要があるので、無料で稼ぐことは基本ないと考えるべきです。

成功するための勉強にかける労力と、サイトを構築する労力が必要となるため、かなりの労力を必要とします。

金融関連(株・FX)

アフィリエイトと同様に、知識を持った方なら本業を凌ぐ収入を得ることができます。

ただ、投資に失敗すると資産がなくなってしまう可能性があるので、常にリスクが付きまといます。

実際、私の周りでもFXで失敗して地獄を見た人がいるので、そういう人を間近で見てしまうと、中々手を出す勇気がありません。

せどり(転売業)

ここ数年で急激に人気が出たのがせどりではないでしょうか。

ブックオフやリサイクル店で仕入れた物を、ヤフオクとかで転売し、差額を設けるやつですね。

せどりに関しては、品物を購入するために店舗に足を運び入念にリサーチする必要があるので、片手間レベルではやってられません。しかも、商品単価が高い商品(お宝商品)なんて中々見つけるのも難しいので、時間が拘束される割には思ったよりも稼げないのが実情です。

また、最近ではせどりを禁止する店舗も増えてきているのも、マイナス要因であります。

上記にあげたネットビジネス以外にも、まだまだありますが、こうやって比較すると、確かにポイント収入は爆発的な収入を得ることは難しいですが、上記にあげたビジネスように特に勉強する必要もありませんし、頑張った分だけ確実にポイントを獲得できるので、誰でもできるところが最大のメリットだと思います。

何かのご褒美の為の貯金的な感覚で、貯ポイントしてみませんか?

 次ページ ≪Tポイントの魅力≫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存