Tポイントを貯めやすい、クレジットカードを作る

スポンサーリンク

クレジットカード

Tポイントを貯める上で、クレジット払いは必須

最初に言っておきますが、クレジットカードを作成することを、強制するつもりはありませんが、これからTポイントを貯めていく上で、一番効率よく貯めることができるのがクレジット払いです。
クレジットカードを持つのと、持たないとでは、今後のポイント獲得に大きな差が生じてしまいます。

ただ、現金主義の方は、クレジット払いにかなり抵抗があると思います。
私も最初は、現金主義だったため、クレジットカードは海外で買い物する以外は使ったことがありませんでした。

しかし、今思えばもの凄く損をしていました(涙)
だって、買い物や公共料金の支払いをするだけで、カード会社のポイントとTポイントが二重でもらえるわけですから!?

ですので、最低でも公共料金や携帯通話料など、毎月決まった支払はクレジット払いに切り替えることを、強くお勧めします!!

スポンサーリンク

Tポイントが貯まりやすい、クレジットカード

それでは、Tポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介していきますが、ここでは年会費が、実質無料で持てるカードのみを、ご紹介することにします。

最もTポイントが貯めやすい、Yahoo! JAPAN カード

2015年4月1日に、Yahoo! JAPAN JCBカードから、新たに Yahoo! JAPAN カードとして生まれ変わりました。

Tポイントが貯まるクレジットカードはいくつかありますが、年会費が無料で還元率が1%を誇るカードは Yahoo! JAPAN カード以外ありません。

カードの利用代金100円につき、Tポイントを1ポイント獲得できる

還元率が 1%ということは、1万円=100ポイントですね。
ファミマでの利用特典が多いことで知られる、ファミマTカードも有名ですが、こちらは還元率が0.5% なので、1万円=50ポイントとなります。

1万円でみると、あまり差が無いように思えますが、10万円、100万円と金額大きくなれば、その差も自ずと大きくなります。

日用雑貨から何でもファミマを利用する方なら、ファミマTカードという選択もあるかもしれませんが、コンビニの年間利用額自体は大した額にはなりません。

どこで利用しても、必ず利用代金の 1% 還元してくれる、Yahoo! JAPAN カードの方が、絶対にお得です!

Yahoo ショッピングと、LOHACO での買い物は、ポイント3倍

これまでの Yahoo! JAPAN JCBカードでは、Yahoo ショッピングでの買い物で2倍のポイントが付与されていましたたが、Yahoo! JAPAN カードでは3倍付与されることになりました。

しかも、LOHACO(ロハコ)も!

したがって、Yahoo ショッピングで買い物した場合は、還元率が最大3% となります。

これは「持ちたいカードNo1」と呼ばれる、楽天カードの2% を上回る還元率です!

Yahoo の様々なサービスで特典が受けられる

日本最大のネットサービスであるYahoo には、様々なサービスがあります。

例えば、国内最大のオークションサイトである、ヤフオク!場合だと、Yahoo かんたん決済の、落札代金の決済手数料が、最初の1年間は月1回無料になったり、ヤフオクでの出品で、本人確認が不要になるなどの特典が受けられます。

この他にも、Yahoo の様々なサービスで、特典を受けることができます!

他には、QUICPay(クイックペイ)に対応していたり、ショッピングガード保険も付いているので、安心してショッピングでも使えますね。

また、大抵入会特典として、Tポイントを《5000ポイントプレゼント》といった、プレゼントキャンペーンもやっているので、入会特典の多いカードと言えます。

Tポイントを効率良く貯めるために、Yahoo! JAPAN カードを、メインカードにすることをおすすめします!!

Yahoo! JAPAN カードの申し込み(無料)はこちらからです

→《Yahoo! JAPAN カードの申し込み》

★★お車をお持ちの方は、合わせてETC も付帯しておきましょう。

ANAのマイルを貯めるなら、ANA VISA Suicaカード

次にサブカードとしておすすめするのが、ANA VISA Suica カードです。

えっ!? Tポイントと何が関係あるの?と思わる方もいらっしゃると思いますが、ANA VISA Suica カードの最大の魅力はANA のマイルが貯まることです。

しかも、マイルは1マイル=Tポイント1ポイントに等価で交換可能なのです。

では実際にどうやってTポイントを貯めるのかを説明します。

ANA VISA Suicaカードはクレジット決済すると、そのままマイルが貯まるわけではなく、一旦クレジットカードポイント(ワールドプレゼントポイント)として付与されます。
そして、普通でしたら貯まったワールドプレゼントポイントを、マイルへ移行するわけですが、実はTポイントにも移行することが可能なのです。
この時の移行単位は、ワールドプレゼント1ポイント=Tポイント4.5ポイントとなります。

Suica をクレジットでチャージするとポイントが貯まる

Suica のクレジットチャージで、ポイントが貯まるカードは限られていますが、ANA VISA Suica カードでも、貯めることができます。

また、モバイルSuica の年会費が当面無料というおまけ付です!

ENEOS(エネオス)でポイント3重取り

まず、エネオスではTポイントが200円につき1ポイント付与されます。
そしてもう一つ、エネオスはANAカードマイルプラスというプログラムに加盟しています。
これは何かというと、エネオスでANAカードで支払うと、100円につき1マイル付与されるのです。

さらに、もちろんワールドプレゼントポイントも貯まるので、マイル + Tポイント + ワールドプレゼントポイントポイント3重取りができるのです。
※一部の店舗では、ANAカードで支払うとTポイントが付与されないケースがあるようですが、私が今まで給油した店舗は全て3重取りできています。

我が家は、夫婦共に毎日車に乗っているので、エネオスのANAカードマイルプラスで得れるマイルは、毎月平均すると400マイルにもなります。

なので、単純に1年間で計算すると、4,800マイル以上を獲得していることになります。

ちなみにガソリンだけなく、灯油も対象なので、灯油分を合わせると、年間5,000マイル以上は獲得しています。

これは絶対にお得です!!

ちなみに、2015年の1月は下記の通り、493マイル獲得しました!

ana

Tポイントも下記の通り、しっかり獲得できています! 

tsite-eneos

年会費が実質無料になる

実は、ANA VISA Suica カードは年会費が2,000円(税別)掛かってしまいます。

しかし、ある条件をクリアすると実質無料にできるのです!

まず、初年度に関してはキャンペーンなどで基本無料となっています。

そして、次年度以降を下記の方法で、割引やマイルの還元を受けることが可能です。

 ① マイ・ペイすリボに登録 + 年1回利用で、年会費が751円(税抜)になる

名前からすると、リボ払いと想像し敬遠しがちだが、初回支払い手数料が無料のリボ払いとなります。

詳しくはこちらをご覧ください →《マイ・ペイすリボとは?》

 ② WEB明細書サービスの利用で、1,500円(税別)になる

毎月の利用明細が自宅に届くと思いますが、WEB明細書に切り替えるだけで、1,500円(税別)にすることができます。
これなら簡単ですよね!

 ③ 毎年、継続利用でボーナスマイルが1000マイルもらうことができる

ANA VISA Suica カードは、毎年1000マイルのボーナスマイルがもらうことができます。

上記の特典を組み合わせることで、年会費を実質無料、もしくはお幅に割り引きすることができるのです。

例えば、① で751円(税抜)になると、1000マイルのボーナスマイルがもらえるので、実質無料になりますね!

もし、マイ・ペイすリボ が嫌だという方は、②の利用で1,500円(税別)にし、1000マイルのボーナスマイルと合わせれば、年会費を500円(税別)にすることができます。

年会費が500円で済むのなら、1年で貯まるマイルの量を考えると、全く問題ないと言えます。

特に、車を頻繁に利用する方や、Suica を利用する方は、サブカードとして絶対持っておきたいクレジットカードです!

ANA VISA Suica カードの申し込みはこちらからです


→《ANA VISA Suica カードの申し込み》

以上、おさらいすると、メインカードにYahoo! JAPAN カード、サブカードにANA VISA Suica カードの2枚持つこと、Tポイントを効率よく、ガッツリ稼ぐことが可能となります。

税金の支払いでポイントを貯める方法

Tポイントとは直接関係ありませんが、住民税や自動車税の支払いでポイントが付与された良いのに、と考えてらっしゃる方も多いと思いますが、一つだけ可能な方法があります。

それはnanaco で支払うことです。

以前なら、ファミリーマートで税金をクレジット払いすると、クレジットカードのポイントが付与されていたのですが、既にサービスが終了してしまったので、税金の支払いでポイントが付与されるのは、実質的にnanaco のみとなりました。

どの様な仕組かというと、nanaco で税金を支払っても、nanacoポイントは付与されませんが、クレジットカードによる、nanacoチャージによって、間接的にクレジットカードのポイントを貯めることができるのです。

したがって、nanaco なら何でも良いわけではなく、nanaco のチャージでポイントが付与される、クレジットカードでチャージすることが条件となります。

その条件をクリアしている中で、最もおすすめなのがリクルートカード(JCB)となります。

年会費が無料で持てるカードとしては、驚異の還元率1.2% を誇る、最強の年会費無料のカードなので、おすすめというか正直、”一択”でしょう!!

ただし、注意することは、リクルートカードでnanaco チャージでポイントが付与されるのは、JCB ブランドのみです。VISA ブランドは対象外です。

リクルートカードで付与される、リクルートポイントはPonta ポイントにも交換できるので、税金の支払いで貯めたポイントは無理せず、Ponta ポイントに交換して使いましょう!

リクルートカードの申し込み(無料)はこちらからです。


→《リクルートカードの申し込み》

まとめ

Tポイントは、他の共通ポイントと比較して、圧倒的にANAのマイルとの相性が良いので、Yahoo! JAPAN カードと、ANA VISA Suica カードの2枚持ちで、ガッツリTポイントを稼ぎましょう!!

次ページ ≪ネット銀行を開設する≫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存