【徹底レビュー!】Panasonic(パナソニック)LED電球、LDA6LGE17K50DSW

スポンサーリンク

LDA6LGE17K50DSW

今日も昨日に続き、期間限定のTポイントで購入した、LED電球のレビューを行いたいと思います。

あくまで、個人の評価ですが、参考にしていただければと思います。

今回レビューをするのは、Panasonic(パナソニック)LED電球

LDA6LGE17K50DSW です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

製品特徴

パナソニック LDA6LGE17K50DSW は、17口金の調光器対応 & 電球色では、現在一番明るい全光束600lm を誇ります。

600lm は白熱球だと50W 相当になります。

昨日レビューした、三菱電機のE26口金 MILIE LDA12L-G/D-T1 もそうですが、LED電球の種類が豊富で、安くなったと言っても、調光器対応、電球色、大光量というキーワードが入ってくると、途端に種類も少なく、値段も高くなります。

しかも、17口金になると、更に種類も少なくなり、高額になってきます。

我が家は調光器が多く、17口金は白熱球の60W がまだ健在しています。

LDA6LGE17K50DSW が出るまでは、LED電球に替えたくても替えられなかったと言った方が正しいかもしれません。

なので、パナソニック LDA6LGE17K50DSW の発表は、とても待ち遠しかったのですが、発売当初はめちゃくちゃ高かったので、すぐには購入しませんでした(ていうかできませんでした・・・)

しかし、最近になって少しは価格も落ち着いてきたので、思い切って、リビングにある8個の17口金白熱球60W を、LDA6LGE17K50DSW  に切り替えることにしました。

主なスペック

  • 明るさ:600lm
  • 口金:E17
  • 寿命:40,000時間
  • 配光角:約180度
  • 密閉器具:対応
  • 屋外器具:対応
  • 調光器:対応
  • 明かりの色:電球色
  • 定格消費電力:6.4W

調光器対応の17口金の電球色で、600lm が目立つのですが、他に注目したいのが、配光角が約180度という点です。

一般的なLED電球は120度ほどの物が多いので、180度という数値は高い方と言えます。

白熱球の替えて使うので、配光角が小さかったら、全光束の数値が高くても、思ったほど明るく見えないので、180度ともなると光の広がり方という点では、白熱球と比べても、あまり違和感はありませんよ。

白熱球との比較は?

文章でダラダラと説明しても、良くわかないと思うので、

それでは、白熱球とサイズや、実際の明るさなどについて比較してみましょう。

大きさの違いは?

Panasonic LDA6LGE17K50DSW

見てわかる通り、デカいです!

しかも、17口金なのに、73g あるので、白熱球とは比べ物になりません。

言い換えれば、存在感はあります!!

ただし、サイズが大きいため、断熱施工用のダウンライトに付ける場合は、注意が必要です。

ちなみに、我が家のダウンライトはKOIZUMI のADE550326 というものですが、サイズ的には入りました。

ただ、KOIZUMI のダウンライトは、LED電球との相性が少し悪く、ダウンライト側の取り付け口が、LED電球のソケット周りにぶつかってしまい、電気が点灯してくれません。

なので、ダウンライト側の取り付け口のでっぱり部分を、削ることで
LDA6LGE17K50DSW も点灯させることができました。

KOIZUMI ADE550326※写真のLED はLDA6LGE17K50DSW ではなく、アイリスオーヤマのLDA5L-G-E17-V3です。

明るさの違いは?

LDA6LGE17K50DSW と白熱球60W の比較

どちらが、Panasonic LDA6LGE17K50DSW か分かりますよね?

そうです、左側の少し白っぽい方が、LDA6LGE17K50DSW で、右側が白熱球の60W です。

白熱球と比べると、確かに白っぽく見えますが、慣れると正直違和感は感じなくなりました。

また、明るさでいうと、LDA6LGE17K50DSW は600lm なので、白熱球の50W 相当になるのですが、白熱球の60W と比べても暗いとは感じません。

個人的な主観と言われればそれまでですが、本当に暗くなったとは感じないんですよね~

パナソニックLED電球、LDA6LGE17K50DSW

Panasonic LDA6LGE17K50DSW を4個並べると、こんな感じになります。

次に、調光の精度を見てみましょう。

まずは、最大光量から。

パナソニックLED電球、LDA6LGE17K50DSW

そして、調光器で最小に絞った場合。

パナソニックLED電球、LDA6LGE17K50DSW

MILIE LDA12L-G/D-T1  の調光精度は、あまり良くなかったですが、

Panasonic LDA6LGE17K50DSW の調光精度は、しっかり暗くもなるので、LED電球の中では結構良い方だと思います。

まとめ

調光器で、17口金の白熱球60Wを使っていて、それの代替えとして考えた場合は、

全光束600lm(50W相当)、調光器対応 & 電球色で配光角が約180度ある、パナソニック LDA6LGE17K50DSW の一択しかありません。

ただし、サイズが大きいので、ダウンライトに取り付ける場合には、注意が必要です!!

パナソニックは、東芝と並んでLED証明のトップブランドなので、品質面も安心できると思います。

是非、試してみてください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存