ホタルイカ、2017年シーズン初めての爆湧き!?

スポンサーリンク

ホタルイカ_身投げ

3月24日と25日は、2017年シーズンの新月前の週末なので、久しぶりにホタルイカを掬いに行ってきました。

どれくらい採れたのか?混雑状況についてご報告します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3月24日から25日早朝にかけてはポツポツと

3月24日から25日の日付が変わる頃に、まずは四方漁港に行ってきました。

金曜日の夜ですが、人はそれほどまで多くはなかったですが、ホタルイカの気配も全くなかったので、早々に切り上げて岩瀬漁港に移動しました。

岩瀬漁港の西側スロープに着くと、ポツポツとホタルイカが泳いでいるのを発見したので、今夜はここで粘る事にしました。

そして結果は、2時間ほどで30匹ほどでした。

3月26日の早朝は、2017年初めての爆湧き

3月26日は、1時ごろに四方漁港に行ってみると、車を駐車する場所がないほどの人混みでした。

そして、四方漁港の防波堤に行ってみると、入れる場所がないほどの人がひしめき合っていて、ホタルイカよりも人の方が多い状態に・・・

結局15分滞在して3匹だけ掬い、早々に退散しました。

なお、八重津浜に行っていた知り合いの話だと、八重津浜の海水浴シーズン以上ではないかという位の人混みだったようです。

その後、昨夜と同じ岩瀬漁港の西側スロープに移動してみると、既にポツポツと出ていたので、今夜もここで粘る事にしました。

2時ごろになると、ホタルイカの数もどんどん増えて、今シーズン初めて”湧き”ました。

結局、1時半頃から3時半頃まで粘って、25Lクーラーボックスの2/3ほど掬って、帰りました。

2017岩瀬漁港でのホタルイカ爆湧き

新月周辺の人混みは異常

再三言ってますが、ホタルイカ掬いにやってくる人の数は年々増えています。

四方漁港や八重津浜は、新月周辺の週末にもなると、車を停める場所がないほどです。

当然、防波堤などに並ぶ人の数も、激混み状態です。

岩瀬漁港の西側スロープも人の数は多く、昨夜に至っては岐阜から来ていた、60歳近い男性が如何にも自分の庭の様に占拠して、とても気分が悪かったです。

この様に人が多くなると、マナーが悪い人も増えるので、ちょっと困りますよね。

とりあえず、譲り合いの精神でマナー良く、ゴミを残さず楽しみましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存