ホタルイカ掬い、2019年シーズン第一戦、by 四方漁港

スポンサーリンク

ホタルイカ_身投げ

富山の春の風物詩である、ホタルイカの身投げ!

2019年シーズンも、ホタルイカ掬いの季節が参りました!

今シーズンの第一戦は、3月10日(日)の未明に行ってきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

四方漁港は人で一杯

四方漁港に着いたのは、3月10日(日)のAM0時過ぎ。

駐車場に着くも車の台数が多い・・・

そして、いつもの防波堤に行ってみると、既に人で埋め尽くされていました。

とりあえず、場所が空いていたテトラに陣取り、暫く観察するもホタルイカの姿は見えず・・・

周りでたまに掬っている人はいるので、ホタルイカ自体はいてるみたいでしたが、明らかに人の数の方が多かったので、四方漁港からは撤収して岩瀬漁港へ移動する事に。

岩瀬漁港に移動してみるも・・・

岩瀬漁港は、車は止まってはいましたが、四方漁港とは違い人の数は少なかったです。

そして、ホタルイカの気配も全くありませんでした。

岩瀬漁港で暫く海面を観察していると、友人からLINEが!?

LINEを見てみると、「四方漁港のとある防波堤でホタルイカが採れてるよ!」との事だったので、詳しい場所を聞いて、再び四方漁港へ移動しました!

四方漁港の初めてのポイントに移動

私も四方漁港でホタルイカを毎年掬ってますが、友人から教えてもらったポイントで掬うのは初めてでした。

そのポイントに着いて見ると、人がとても少ない!

しかも、海面との距離が近いので、とても掬いやすかったです。

約2時間ほど掬ってボウル一杯分程度でした。

ホタルイカ掬い_2019年3月

これでも、一家族分には多すぎるので、嫁の姉家族にお裾分けしました。

ボイルに刺身に大変美味しかったです!

トモライト(CMA-1001LT)も良い感じ!

今シーズンから使用しているヘッドライト、トモライト(CMA-1001LT)を初めて使いましたが、十分な光量でホタルイカ掬いには、申し分なしでした!

トモライトのCMA-1001LT の明るさ

まとめ

今年の冬は例年になく暖冬だったので、ホタルイカの数にどういった影響があるのか心配していましたが、とりあえず掬えて一安心でした。

日中の天候次第にはなりますが、やはり新月の前後1週間は、ホタルイカの出現確率は高くなりますね。

次回は、3月最後の週末から4月に中旬にかけて参戦する予定です。

今シーズンもホタルイカ掬いを楽しみたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存