【やまやで買える本場ドイツビール】エッティンガー ヴァイスビールとプレミアムモルツを飲み比べてみました!

スポンサーリンク

エッティンガー ヴァイスビールとプレミアムモルツ

暑い季節に関わらず、ビール好きの私は、年中ビールを飲んでいます。

私が好きなビールは、コーンスターチが入っていない、所謂ホップと麦だけで作られたビールと決めているので、大抵はキリンの一番搾りか、サントリのプレミアムモルツを購入しています。

しかし最近は、やまやで販売している、ドイツビールの「エッティンガー ヴァイスビール」もお気に入りに加わり、頻繁に購入するようになりました。

今回は、エッティンガー ヴァイスビールと、サントリーのプレミアムモルツを実際に飲み比べてみた感想を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エッティンガー ヴァイスビールと、サントリープレミアムモルツの原材料の比較

プレモルとプレモル香るエールの原材料は、麦芽とホップだけです。

プレミアムモルツの原材料比較

エッティンガー ヴァイスビールの原材料も、麦芽とホップだけです。

エッティンガー ヴァイスビールとプレミアムモルツの原材料比較

プレミアムビールと同じように、コーンスターチは入っていません!

エッティンガー ヴァイスビールのアルコール度数

ラベルには4度以上5度未満とあるので、4.x 度みたいです。

最近はアルコール度数が高めのビールが多く出てきていますが、個人的にはアルコール度数が高いビールはあまり好きじゃないので、ちょうどいい感じです!

原産国はドイツ

安い輸入ビールは、中国であったり韓国だったりしますが、エッティンガー ヴァイスビールの原産国はドイツのようです。

ドイツというだけで、何となく安心感はありますね。

エッティンガー ヴァイスビールの価格

やまやでは、500ml缶の輸入ビールが2本セットで税込540円で購入する事ができます。

やまやのエッティンガー ヴァイスビール

1本あたり270円なので、単品買いの一番搾りよりも安いですね。

麦芽とホップだけのビールで、一番搾りよりも安く買えるので、コスパはかなり高いと思います。

エッティンガー ヴァイスビールの種類

エッティンガー ヴァイスビールには、黒ビールや、アルコール度数が高めの物など、4種類がありますが、黒ビールはあまり好きじゃないし、アルコール度数が高いビールも好みじゃないので、いつもホワイトビールしか買っていません。

やまやのエッティンガー ヴァイスビールのラインナップ

グラスに注いでみた色の違い

エッティンガー ヴァイスビールと、プレモル、プレモル香るエールを、グラスに注いでみて、色の違いを比較してみました。

まずは、プレモルから。

プレミアムモルツの色

続いて、プレモル香るエール。

プレミアムモルツの香エールの色

最後にエッティンガー ヴァイスビール。

エッティンガー ヴァイスビールの色

プレモルの2つは、濃い黄色というか、黄金色で澄んでいるのが分かると思います。

対してエッティンガー ヴァイスビールは、黄色っぽく澄んではなく、濁りがありますね。

エッティンガー ヴァイスビールのラベル

濁りの理由は、恐らくビール酵母なんじゃないでしょうか。

エッティンガー ヴァイスビールと、プレモルの香りと味の違い

比較して飲んでみると、フルーティーな香りは、プレモル2つの方が強いです。

ただし、ビール独特の苦みはエッティンガー ヴァイスビールの方が強いと思います。

ただし、外国産ビールと言っても、日本人好みの味なんじゃないでしょうかね。

とても飲みやすいビールです。

まとめ

原材料が、プレミアムビールと同じ麦芽とホップだけの、エッティンガー ヴァイスビールは、本場ドイツビールが、一番搾りよりも安く購入する事ができる、最高にコストパフォーマンスが高いビールですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存